入院病棟を担当していれば、「夜勤勤務が辛い」と感じることは多いと思います。夜勤となれば、昼間よりも看護師の数が少なくなりますから、一人で担当する患者さんの数も増えることになり、責任重大なハードな仕事になるでしょう。

そんな中で、看護師の夜勤勤務時の日常業務となるラウンドについて、お話したいと思います。ラウンドとは、どういったものかというと、夜間に患者さんの状態を確認していくというもの。ラウンドは、それぞれの病院によって時間帯や何時間おきに行うのかが変わってきますが、一晩に何度も行っていくことになります。このラウンド時には、寝たきりとなっている患者さんがいる場合には、1時間おき、2時間おき程度で体位変換を行っていくことも必要となるため、かなり体力を要する業務です。

さらに夜間は体調が変化しやすい時間帯なので、一人一人の患者さんを責任もってケアしていくことが必要となります。ラウンドを怠ったことで、患者さんの命に関わることは大いにありえます。万が一、何らかの異常があった場合には、医師に報告することが必要となるので、しっかりと状況判断していくことが必要です。

「ラウンドがない病院ってあるんだろうか?」と思っている方もいると思いますが、入院病棟であればラウンドは必ずあります。ラウンドは患者の病状を確かめるためのものだけでなく、一人一人の安心を担う業務でもあります。目立たない業務ですが、多くの命を見守るといった意味で非常に重要な役割なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です